Earth Light

Yoga,Dance,Singing bowl Therapy BY ASUKA

しっとりしてる乳液の方がカサカサになるカラクリ!

しっとりしてる乳液の方がカサカサになるカラクリ!

こんにちは! Earth Light YogaのASUKAです!

こちらオーストラリアは夏真っ盛り。週末はビーチに通いましたー 気持ちかったわー!!!

ところで。。。

 

皆さん 界面活性

という言葉は聞いたことあるでしょうか?

元々水と油は混じり合うことが無いですよね。その2つを混じり合うように化学反応を起こすのが界面活性剤です。

私達の肌には「バリア機能」というのがあります。 だってそれが無かったら お風呂に入る度、プールに入る度に大量の水が体内に入ってきます。。。 でも、実際はそんなことはバリア機能のお陰で起こりません!

つまり、この強力なバリアがあるので

「コラーゲンがお肌にしみこみま〜す♫」 みたいな事は起きないらしい。。。

しかし、皮肉にもこの界面活性剤が入ってるとバリアが破壊されるのである意味

お肌に浸透する

らしいです。 でもでも、、、破壊するということは、お肌を乾燥させ、老化を進ませるということです。

つまり、、、

潤ってる感が大きい水分たっぷりの もったりした感のあるものほど

実は肌に悪い。。。

こんな事実、誰も教えてくれないよね。。。

だって実際塗ったらうるうるのしっとりー!!!ってなるもんね(そうなってるのは肌の上に乗ってるその化粧品自体が潤ってるだけで、自分の肌は逆にダメージが進む)

 

コラーゲンが普通の10倍も入ってるのー!!!

羊の胎盤がたっぷりー!!

ヒアルロン酸入りー!!

そんな謳い文句 聞くだけでなんか肌がウルウル潤ってきますよね。。。w

 

でも、そこに引っかかってはいけません!!!

 

もう一度おさらい。。。

界面活性剤とは。。。

乳化剤とも呼ばれ、乳液やクリーム、洗剤等を作る上で欠かせない成分。

しかし、これを使うと。。。

1、天然保湿因子や細胞間脂質を溶かしてしまい、バリア機能を破壊する

2、病原菌やカビを防ぐ皮膚常在菌を追い出してしまう

3、防腐剤やエタノール色素など、他の有害な化学物質も一緒に浸透させてしまう

 

このようなことから、肌は乾燥をし、炎症等を起こす恐れもある。また病原菌が侵入しやすくなる。

ということに陥るわけです。

 

つまり、こういった成分の入った化粧品でスキンケアをすればするほど肌はダメージを受けるということを覚えておいて下さい。

 

まずは、第一歩。

界面活性剤というのを覚えて、お店で化粧品の成分を確認しましょう!

 

勿論肌に悪いのはこれだけではありません!!!

 

また成分などについて詳しいことは次回書きますねー!

それでは!

人気記事一覧

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

thirteen + eight =

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More